お仏壇のお飾り(お荘厳)

  • お仏壇のお飾りのことを「お荘厳(おしょうごん)といいます。
  • お荘厳は、仏さまを中心としたお飾りやお供えのことをいい、また、それらを「整える」行為のこともいいます。
  • 「お飾りを整えること、お供えすること」です。

日常のお飾り

平素(日常)のお飾りの仕方を簡単に紹介します。

日常のお飾りは「三具足(みつぐそく)」といい、

特別な時のお飾りを「五具足(ごぐそく)といいます。

①ご本尊を安置します

お仏壇で最も大切な「ご本尊」を、お仏壇の最上段に安置します。

  • 中央に阿弥陀如来さま
  • 右手に親鸞聖人
  • 左手に蓮如上人

それぞれの尊前にはお仏飯をお供えしましょう。

お仏飯はその日の内にお下げして、ありがたく頂きましょう。

※決して処分することのないように。 


②仏具を並べます

仏具を並べていきます。

広い段のところが置きやすいでしょう。

「三具足(みつぐそく)」という仏具の三点セットが最も基本の形です。

  • 中央に香炉
  • 右手にロウソク立て
  • 左手に花瓶(かひん)

香炉をお仏壇のちょうど真ん中にくるように置き、香炉を中心にロウソク立てと花瓶を、左右のバランスよく置きましょう。

 


香炉やロウソク立てを、お仏壇の前にある台(経卓)に置いてある家庭が多いようですが、香炉もロウソク立ても「お仏壇の中」に置くのが正しい形です。

③過去帳を置きます

 

 

…写真の準備中です…

 

 

 過去帳を置きます。

 必ず中央を外して、左右に少しずらして置きましょう。

 三具足と同じ段でも、違う段でも結構です。

 

※手の届きやすいところ、火やお花の当たらないところに置きましょう。


④お供物をお供えします

 

 

…写真の準備中です…

 

 

 最後に空いているスペースにお供え物を置き、お供えしましょう。

 お供え物は、供物台やカゴなどに入れるか、お盆や半紙などを敷くようにしましょう。

 

※お供え物は溜め込まず、数日内にお下げし、ありがたく頂きましょう。


⑤お仏壇周り

 

 

…写真の準備中です…

 

 

 お仏壇の前に経卓(きょうじょく)という台がある場合、その上には「お経本のみ」置きます。

(小さいおリンくらいは可)

 

故人の写真、マッチや線香、お供え物などはこの経卓の上には置きません。

写真や、お仏壇に入りきらないお供え物などは、別の台を用意しましょう。

 


※マッチ、ライター、お線香やロウソクの予備、火消し壺、火消し帽子、それらを収める四角い入れ物などは火道具であって仏具ではありませんので、お仏壇の中、経卓の上には置かないようにしましょう。

 

 これらの火道具などは経卓の引き出しの中か、もしくは箱などにひとまとめにし、お仏壇の外に置きましょう。

お飾りのコツ

まずは、仏具を配置することです。

 お供え物は仏具などをすべて並べ終えたあとにお供えしましょう。

 おそらく多くの方は、最初にお菓子や果物などのお供え物を置こうとされて、仏具をあっちへこっちへ動かしていき、並べ方がわからなくなるのではないでしょうか。

 

 仏具を並べることが基本です。

 お供え物は、お仏壇の中には置けるだけの量にしましょう。

 それ以上は、お仏壇の前や脇などに台を用意し、そちらにお供えするようにしましょう。


五具足

特別な時には三具足から、

「五具足(ごぐそく)」に替えてお飾りしましょう。

  • 中央に香炉
  • その両側にロウソク立てを左右一対
  • さらに両側に花瓶を左右一対

バランス良く配置しましょう。

※ロウソクの火がお花や過去帳などに当たらないように気をつけましょう


特別な時というのは、

  • 1月16日(親鸞聖人の御命日)
  • 報恩講参り(おとりこし)
  • ご法事
  • お正月

などの際には五具足にすると良いでしょう。

他にもお盆やお彼岸、故人の命日などにしていただいても結構です。

 

※お仏壇のサイズによっては五具足を置くことが難しいこともあります。

その場合は段違いで仏具を置いても結構です。

どうしても難しい場合は三具足でも構いません。


お荘厳とは

お荘厳とは、お仏壇のお飾りやそれを整えることをいいますが、ただそれだけではありません。

  • 威儀荘厳 …身だしなみや姿勢  (※威儀…いぎ)
  • 作法荘厳 …仕草やふるまい
  • 音声荘厳 …声明(しょうみょう)・お経

など、仏具のお飾りのことだけではなく、勤行の作法や声明(しょうみょう)など私たちが行う所作や、お勤めそのものもお荘厳(お供え)にあたります。

つまり、お仏壇を掃除したり整えることもお供えであり、お経を上げることもお供えであり、お仏壇の前に座る姿勢もお供えであるといえます。

 

お仏壇をキレイに整えることは、私たち自身の姿勢を正すひとつのきっかけにもなっていくものです。

 

ここ四国では真言宗などが多いため、それと比較して、よく「浄土真宗は、盆提灯も御霊供膳も難しいことは必要ないから楽でいいです」と言われることもありますが、「何もしなくて良い」ということではありません。

 

まずはお仏壇を整え、日頃から手を合わせて頂くことが大切です。

そのうえで、お寺にお参りし、仏法に耳を傾けることが何よりも必要なことです。


※お仏壇のお飾りの仕方を、写真入りで詳しく紹介している冊子を差し上げます。

 ご所望の方はお寺にお問い合わせください。