9月以降の対応について

 引き続き、新型コロナウイルス感染予防として、次のとおりお願い申し上げます。 

  • マスク着用
  • 手指の消毒
  • お茶出しのご遠慮 (※自宅での法要の場合)
  • 仏間の換気 (※自宅での法要の場合)

 

 自宅でのご法事も可能となりますが、しばらくの間はできるだけ本堂での法要を推奨します。 

 これまでお寺にお参りするご縁の少なかった方は、この機会に本堂でのお勤めをおすすめします。ご門徒であれば、年に一度はお寺にお参りしましょう。

 

 

 ご自宅への報恩講参り(おとりこし)は、現在のところ予定通りお参り致します。その際も同様にマスク着用のご協力をお願い致します。

 また、万が一のことを考えて、お茶やおしぼりなども失礼ながら今年はご遠慮させて頂きます。住職は消毒液を持ち歩き、一件一件お家に上がる前に消毒をしてからお参りするなど、できる限りの対策をしながらお参りしております。

 

 もし今後の状況で、おとりこしやご法事が中止等になる場合はお寺からご案内をお送りします。中止の連絡が無い場合は予定通りとお考えください。ホームページも随時更新します。


お寺が対策していること

できるだけ、お参りに際しての不安が少なくなるように、当山では次のような対策を取っております。

  • 出入口での消毒液の設置、消毒の推奨
  • マスク着用の推奨
  • イスを離して設置
  • 窓開け、換気扇による換気の徹底(法要中、法要後)
  • 法要一件ごとに、イス(座面の裏まで)や手すりなど、手の触れる箇所の消毒の徹底(有効期限内の次亜塩素酸水を使用)
  • 法要後のお茶出しをペットボトルによる持ち帰りにする

 

なお、自宅での法要の場合、住職は次のように対策をしております。

  • 消毒液を持ち歩き、お家に上がる前に手指の消毒
  • お茶やおしぼり、お茶菓子のご遠慮 ※

※万が一にも住職が感染してしまっていた場合に、ウイルスを残していかないようにという配慮となります。

 

過剰のように感じられるかもしれませんが、できる限りの対策を講じておりますこと、ご理解いただければと思います。